カナダの平均住宅価格、過去1年で18%急騰 CREA発表

12月 14, 2021
admin

Business

Share on Facebook Share on Twitter Share by Email

先月は住宅販売で過去最も忙しい8月に

Pete Evans – CBC News

投稿しました。 2020年9月15日
最終更新日。 2020年9月15日

先月、モントリオールで販売中の家の外で、防護マスクをつけた不動産業者が視聴者を出迎える。 3月と4月に深い凍結に陥った後、カナダの住宅販売はそれ以来、赤熱している。 (Christinne Muschi/Bloomberg)

8月のカナダの住宅市場は、平均価格が1年前に比べて約20%上昇し、住宅販売数が月間記録を打ち破ったことから、あり得ないほどの好調さを維持している。

全国の13万以上の不動産業者を代表しているカナダ不動産協会は、火曜日に、同月に5万8645戸の家が売れたと発表し、昨年の同月に比べ33%多く売却されたとした。 また、7月に販売された住宅の数よりも6%以上多く、それ自体が月の記録だった。

8月は通常、住宅販売にとってあまり忙しい月ではありません。 通常、市場は冬の寒い時期にゆっくりと始まり、春に急上昇し、夏にかけて冷え込み、年末にかけて再び氷のように冷たくなります。 その後、サイクルは1月に新たに始まります。

ADVERTISEMENT

しかし、3月と4月のロックダウンにより多くの住宅購入が遅れ、購入シーズンが年後半まで押されたため、2020年はこれらの季節的傾向を窓から投げ出しました。

  • COVID-19から抜け出した不動産業界、しかし新しい現実は普通ではない

世界的な大流行により、カナダの労働市場から100万以上の仕事が一掃されたにもかかわらず、先月は住宅販売で史上6番目に忙しい月であり、過去最も忙しい8月となった。

続きを読む!

価格も急騰した。 先月売れたカナダの住宅の平均価格は58万6000ドル(約6000万円)。 また、「震災の影響により、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災前と比較し、震災前と比較し、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災前と比較し、震災前と比較し、震災前と比較し、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災後では、震災前と比較し、震災前と比較し、震災後では、震災後では、震災前と比較に対し、震災後では、震災後である。 B.C. 州とオンタリオ州全体を取り除いた場合、モントリオールは 493,824 ドルで他の地域のトップとなり、カルガリーは 469,883 ドルでそのすぐ後ろに位置しています。 このため、CREAでは、住宅価格指数と呼ばれる別の数値を算出しており、市場全体の住宅の量や種類を調整しているため、市場のより良い指標になるとしています。

  • 分析 不動産からビジネスまで、大流行の兆しが富の集中を後押し。 ドンピシャ

8月のHPIは9.4%上昇した。 これは2017年以来、年間最大の飛躍です。

「2020年の春市場の多くを失った後、不動産業者とその顧客がキャッチアップを行うため、カナダ中の多くの住宅市場で記録的な夏となりました」とCREAのコスタ・プーロプロス会長はニュースリリースで述べています。

“それは本当に春の市場が夏にシフトしたように見えます。”

ADVERTISEMENT

Economists doubt that torrid pace can last

TD Bank economist Brian DePratto said the numbers suggesting the market continues to “defy gravity” any way you slice them, but he wonders how long it can last.これは、経済危機が続いていることを示すものです。

「春の市場の欠如が季節外れの強い夏の背後にある重要な要因であったが、8月の時点で、販売活動のレベルは現在、歴史的な規範と一致しており、このペントアップ需要の多くが満たされていることを示唆している」と彼は言った。

閉鎖のそれらの初期の数ヶ月間に数十年で最低レベルに販売急落にもかかわらず、全体として2020年にはこれまで341463家は今年の最初の8ヶ月を通して所有者が変更されています。 これは、昨年のこの時期の販売ペースを0.8%上回っている。

「カナダの住宅市場は過去にコケる習慣があったが、ファンダメンタルズは今年の残りの期間に販売活動の少なくとも一部の縮小をオーガーしている」と述べた。”

Suburban exodus

トロントのライアソン大学都市研究・土地開発センターのエコノミストであるDiana Petramala氏は、COVID-19は、パンデミックが起こる前に不動産で進行中だったトレンドの一部を加速させたと述べています。

つまり、人々はより広いスペースを求めており、そのために大都市でより多くのお金を払うか、それを得るために引っ越す必要があるということです。

ADVERTISEMENT

「ミレニアム世代の高齢化と所得の上昇により、お金を稼ぐと、より大きくて良い住居がほしくなる」と彼女はインタビューで述べている。

最も値上がりしたのは、大都市からすぐの郊外市場で、トロントやバンクーバー近郊では25%以上値上がりしているところもあるようです。 これは、両市場で軟化が目立つコンドミニアム市場とは対照的です。

「都市部では移民がミレニアル世代に代わっているが、そうした居住者人口は都市部から移動している」と、彼女は述べています。 また、”li “は “li “が “li “であることを意味し、”li “は “li “であることを意味します。”

  • CMHCは貸し手にリスクの高い住宅ローンをあまり提供しないよう促す

ブティック市場調査会社ノースコーブアドバイザーズの社長ベン・ラビドゥー氏は、大手銀行が提供する住宅ローン延期プログラムが終了すればカナダの住宅市場は今後数ヶ月で向かい風に直面し、いくつかのデフォルトや住宅市場を襲い得る強制売却に至る可能性があると語っている。

「秋に向けて、この市場には多くの疑問と潜在的な課題が迫っている」と彼はインタビューで語った。

「本当の問題は、春の市場がどのように見えるかだ… 少し直感に反していて、これが今後持続できるかは私には不明だ」と述べた。”

  • Home renovation spending heats up again after COVID-19 pandemic led to deep freeze

ABOUT THE AUTHOR

Pete Evans
Senior Writer, CBCNews.ca

Pete EvansはCBCNews.caのシニアビジネスライターを務めています。 CBC入社以前は、Globe & Mail, Financial Post, Toronto Star, Canadian Business Magazine, そして信じられないかもしれませんが、Circuits Assembly Magazineに記事を掲載しています。 ツイッター @p_evans Email: [email protected] Secure PGP: https://secure.cbc.ca/public-key/Pete-Evans-pub.asc

With files from the CBC’s Jacqueline Hansen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。