ポール・エーリック

11月 11, 2021
admin

ドイツの生化学者ポール・エーリック(1854-1915)は、身体の免疫反応を説明する化学理論を開発し、化学療法において重要な仕事を行い、マジックバレットという造語を作りました。 エールリッヒは1908年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1906年にエールリッヒは、現代の医薬研究の役割を予言し、研究室で化学者が特定の病気の原因物質を探し出す物質をまもなく製造できるようになるだろうと予言した。 彼は、この物質を “魔法の弾丸 “と呼んだ。 エーリック自身は、血清抗毒素や化学療法といった新しい分野で大きな成功を収めた。 同地の大学、ストラスブール、フライブルク・イム・ブライスガウ、ライプツィヒで医学を学び、医師となった。 ブレスラウでは、従兄弟の病理学者カール・ヴァイゲートの研究室で働き、生体染色にアニリン染料を用いた先駆的な研究を行っていた。 エールリッヒは、染料が特定の臓器、組織、細胞に対して選択性を持つことに興味を持ち、ベルリンのシャリテ病院で研究を続けた。 そして、染料が血液細胞や他の組織の細胞のさまざまな成分に特異的に反応することを示すと、染料が病気の原因となる微生物を殺すことができるかどうか、治療効果を調べる試験を始めたのである。

bio-ehrlich-painting.jpg

H. Hinkley による Paul Ehrlich の肖像画。 20世紀。 エーリックは梅毒に対する魔法の弾丸として知られた「サルバルサン」と書かれた可能性のある書類を手にしている。

Science History Institute/Will Brown

Antitoxins from Blood Sera

結核にかかり、その後同じドイツのRobert Kochが開発したツベルクリン療法で治癒した後、Ehrlichは細菌の毒素と抗毒素に着目するようになった。 当初は個人の小さな研究所にいたが、ベルリンのコッホの感染症研究所に招かれ、そこで働くようになった。 パスツール」以後の時代は、治療法や予防法を探すのにエキサイティングな時代であり、コッホの研究所はその中でも最高の場所であった。 エーリックの新しい同僚には、最近ジフテリアと破傷風の「血清療法」を開発したエミール・フォン・ベーリングと北里柴三郎がいた。 ルイ・パスツールのワクチンやコッホのツベルクリンは弱毒化した細菌から作られていたが、この新しい血清療法は、自然免疫や人工免疫の動物の血液から抽出した血清、すなわち無細胞血液液を使って免疫を誘導するものであった。 フォン・ベーリングと北里は、血清の免疫作用を説明するために「抗毒素」という概念を発展させた。 エーリックの研究所での仕事は、ベーリンクのジフテリア抗毒素を大量に作ることであり、後に化学薬品会社ヘキスト社が製造する抗毒素の品質を検討することであった。 エーリックの業績と研究者としての将来性が認められ、1896年にベルリン郊外に血清研究所と血清検査研究所が設立された。

ノーベル賞と魔法の弾丸

1908年にエーリックがエリー・メチニコフとともにノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、免疫反応の理解への別々の道筋が評価されたためである。 エールリッヒは、細菌が放出する毒素と戦うために抗毒素(抗体)が形成されることを説明する化学理論を発表し、メチニコフは、細菌自体を破壊する白血球(食細胞)の役割について研究したのです。 そのころには、ほとんどの科学者が、免疫系に関する両方の説明が必要であるということに同意していました。

bio-ehrlich_nlm.jpg

Paul Ehrlich.

National Library of Medicine, Images from the History of Medicine (IHM) Collection

Ehrlichはそのキャリアにおいて早くから免疫反応を説明するために化学構造理論を展開し始めました。 彼は、毒素や抗毒素の正確な性質についてほとんど知られていなかった当時、毒素や抗毒素を化学物質としてとらえたのである。 それまで、治療薬を合成していた科学者たちは、これらの物質がどこで、どのように生体系と相互作用しているかについての仮説はほとんど持たずに仕事に取り組んでいたのです。 エールリッヒは、染料分子がその発色性に関係する側鎖を持つことが知られているように、生体細胞にも側鎖(分子内の主鎖に結合した短い鎖や原子のグループ)があると仮定した。 この側鎖は、特定の毒素と結合することがある。 エーリックによれば、異物に脅かされた細胞は、そのすぐ近くにある異物を封じ込めるのに必要以上に側鎖を増やすという。 この「余分な」側鎖が切れて、抗体となり、体内を循環する。 エールリッヒが最初に魔法の弾丸と表現したのは、毒素を探し求めるこれらの抗体だったのである

化学療法

血清療法はエールリッヒにとって感染症に対抗する理想的な方法であった。 しかし、有効な血清が見つからない場合、エールリッヒは、治療薬の効果は側鎖に依存するという理論に基づき、新しい化学物質の合成に着手することになる。 フランクフルトでは、エーリックが血清療法から化学療法や染料に転じ、「化学療法」は新しい魔法の弾丸となった。 エールリッヒは、血清療法の研究から化学療法や染料に目を向け、まず睡眠病などの病気の原因として知られていた原虫をターゲットに、日本の細菌学者志賀潔とともにトリパンレッドを合成し、この病気に対する非常に有効な治療薬として使用した。 1906年には、エーリックの指揮のもと、化学療法の研究所であるゲオルク・シュタイヤー・ハウスが設立され、独自のスタッフが配属された。 この研究所とヘキスト社、カセラ社との間で、エーリックらが発見した製剤の特許権、製造権、販売権を与える協定が結ばれたのは、間もなくのことであった。

bio-ehrlich-salvarsan-crop.jpg

1936年のSalvarsanの標本。 サルバルサンは1940年代まで梅毒の治療に使用された。

科学史研究所

Salvarsan

有機化学者のアルフレッドバートハイムと細菌学者の畑佐知郎が加わり、対象微生物を、最近梅毒の原因と判明したスピロヘータにも拡大しました。 ヒ素化合物であるアトキシルから始めて、3年後、300回の合成を経て、当時としては驚異的な数のサルバルサンを発見した(1909年)。 サルバルサンは、まず梅毒に感染したウサギで試され、次に梅毒の末期に見られる痴呆の患者さんで試された。 すると、驚くべきことに、この「末期」の患者さんの何人かが、治療後に回復したのである。 さらに、サルバルサンは病気の初期に投与した方が効果が高いことが判明した。 サルバルサンとネオサルバルサン(1912年)は、1940年代に抗生物質が登場するまで、梅毒の治療に最も効果的な薬としての役割を保ちました

このバイオグラフィーに含まれる情報の最終更新日は2017年12月5日でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。