マリーゴールドの薬効と食品への応用

1月 23, 2022
admin

マリーゴールド-かわいらしい万能植物で、さまざまな薬効がある。 そのすべては、鮮やかな黄色の花に閉じ込められた精油や樹脂によって実現されています。
親しみやすい花の咲こうとする意欲は、否定できない。 6月から10月まで毎月、その花が鮮やかな黄色と金色に輝くことから、ローマ人は月の初めの日にちなんでカレンデュラと呼んだという。
マリーゴールドの主な薬用用途は、打撲傷、あざ、静脈瘤などあらゆる種類の皮膚疾患です。 軽度の皮膚損傷や炎症もうまく治療することができます。 マリーゴールドの軟膏は、湿疹や日焼けの傷の治癒を促進します。 新鮮な花はオリーブオイルに漬け込み、冷暗所に保存します。 3週間後、ろ過したオイルをワックスと混ぜて軟膏を作ります。 この軟膏は瓶に移し替えれば、数ヶ月はもちます。
花は多くのレシピに彩りを添え、ドリンクやスープ、ペーストにマイルドな風味を加えます。 食品業界では、チーズやバターをより魅力的な黄色にするための天然染料としてマリーゴールドを使用しています。 また、乾燥させた花を特定の紅茶に入れて、より魅力的な色に仕上げることもある。 マリーゴールドのフライは、驚きを与えてくれる料理のひとつです。 ハチミツで甘くした衣にマリーゴールドの花をつけ、きつね色になるまで揚げます。 サクサクとした食感は、フィンガーフードやサマーサラダに最適です。
マリーゴールドのお茶にもいろいろな使い道があります。 1日3回飲むと、けいれんを緩和し、消化を助ける。 また、吐き気や胃潰瘍、月経の不快感も緩和してくれるでしょう。 マリーゴールドのチンキは、頭痛を和らげ、睡眠を促す効果があります。 また、抗炎症作用やリラックス作用があるため、冷湿布や入浴に使用することもできます。
マリーゴールドは代替医療で広く研究されていますが、その正確な原産地はまだ不明です。 しかし、ひとつだけ確かなことは、今日、それはまさにヨーロッパの植物であるということです。 手入れが簡単で、長く美しい花を咲かせる、これほど魅力的な植物はありません。 そのため、ヨーロッパ全土で栽培されているのも不思議ではない。 マリーゴールドが私たちを楽しませてくれるのは、たった1年だけ。 しかし、マリーゴールドは、種が熟すまで庭に置いておくと、翌年のために種をまいてくれるのです。 種は小さな半円のようなカーブを描いているのが特徴。 種には小さなフックがついていて、動物の毛皮にくっつくので、庭の世界をヒッチハイクして増殖することができるのだ。
これほど魅力的な花には、愛の世界に貢献するものがあるに違いない。 マリーゴールドの花びらを摘んで、恋の神託を仰いだ少女は少なくない。 また、若い女性たちは就寝前にマリーゴールドの軟膏を塗り、聖ルカに「眠っている間に恋人に会えますように」と祈ったそうだ。 甘い夢はこうして作られる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。