診断 – 三叉神経痛

11月 15, 2021
admin

GPの診察

三叉神経痛に特定の検査はないので、診断は通常、症状や痛みの説明に基づいて行われます。

  • 痛みの発作はどのくらいの頻度で起こるのか
  • 痛みの発作はどのくらい続くのか
  • 顔のどの部分に影響があるのか

GPは痛みの原因について考え、どの部分が痛いかを確認するために頭やあごも診察することがあります。

他の疾患を除外する

三叉神経痛の診断の過程で重要なことは、顔の痛みを引き起こす他の疾患を除外することです。

あなたの症状について尋ね、検査を行うことで、GPは次のような他の疾患を除外することができます。

  • 片頭痛
  • 下あごの関節痛
  • 巨大細胞性動脈炎(側頭動脈炎)-頭や首の中・大動脈が炎症を起こし、あごやこめかみに痛みを引き起こす
  • 神経の損傷

また、痛みの原因を探す際には、医療、個人、家族の歴史について質問することもあります。

例えば、40歳以下であれば三叉神経痛になる可能性は低くなります。 多発性硬化症(MS)の家族歴がある場合や、この疾患の他の型を持っている場合は、MSの可能性が高くなります。

しかし、三叉神経痛がMSの最初の症状である可能性は非常に低いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。