野良猫を飼うときのアドバイス

11月 27, 2021
admin

野良猫に出会って、連れて帰りたいと思ったことはありませんか? 野良猫を飼うことは、他の猫や子猫を飼うことと似ているように思えますが、いくつかの違いがあります。 保護団体や飼い主から引き取った猫とは違い、野良猫のすべてを知っているわけではありません。

野良猫を家に連れてくる

野良猫を家に連れてくる前に、自分の家が猫にとって安全で適した環境になるかを考える必要があります。 他にペットがいる場合は、そのペットの行動や性格を考えてみましょう。 新しい家族の一員を歓迎するでしょうか? さらに、野良猫にすでに家族がいないことを確認する必要があります。

野良猫と野良猫を区別することは難しいかもしれませんが、家があるペットを採用していないか確認するために、あなたが取ることができるいくつかの手順があります。 「マイクロチップのスキャンを受ける、近所の人に話を聞く、街灯やクラシファイドに広告を出す、地元のシェルターや獣医に相談して、責任あるペットの飼い主がこの猫の人生にいる可能性を排除する」(McDonald)。 もしあなたが猫を飼っていて、その猫が家から出たり、探検に出たりしたら、他の家族に猫を飼わせたくないと思う可能性が高いでしょう。 飼い主を探そうとすることは、実際に家を必要としている猫を引き取ることにつながります。 あなたはその猫の背景や歴史を知らないので、おそらくその猫が過去に何を経験したのかわからないでしょう。 例えば、臆病な子、攻撃的な子、怖がりな子など。 移行を容易にするために、猫には餌と水とトイレのある所定の場所または部屋を与えてください。 この部屋は、その猫だけのもので、その猫が休んで安心できる場所でなければなりません。

新しいペットを隔離しておくことは、他の猫も飼っている場合にも重要です。 野良猫の子猫はかなり簡単に他人を受け入れ、受け入れられるかもしれませんが、大人の野良猫は適応するのに時間がかかるかもしれません(Mitchell)。 最初の1週間ほどは、ペット同士の社会化や集団行動を監視する必要があります。 さらに重要なのは、野良猫を獣医に連れて行けるようになるまで、隔離しておくことです。

Make Sure Your Stray Cat is Healthy

野良猫を家に入れることに決めたら、できるだけ早く獣医師の予約を取っておくべきです。 キャリーに誘い込むのは難しいかもしれませんが、獣医さんに診てもらうことはとても大切です。 野良猫には、耳ダニやノミがいることがあります。 また、避妊・去勢手術や予防接種を受けていない場合もあります。 野良猫を獣医さんに連れて行くことで、新しいペットの安全だけでなく、すでに飼っているペットの安全や健康も確保できます。

野良猫を引き取ることは最大限の思いやりを示しますが、考慮すべき課題もあるでしょう。 しかし、時間をかけて準備すれば、素晴らしい仲間になり、家族の一員になることができます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。