Evangelion: 3.0+1.0 Thrice Upon A Time

1月 21, 2022
admin

映画は、かつての東京3の郊外のように、コア材に改造されたフランスのパリにウィルが立ち寄るところから始まります。 リツコ、マヤ、マヤの部下3人、そしてエヴァ08のマリで構成されたチームがヴンダーから降下し、謎の黒い柱の上に降り立つ。 リツコが見張り、マヤたちはノートパソコンで黒い柱に接続し、以前ヨーロッパのチームが試した「アンチLシステム」の起動を再開させる。 マリは、ヴンダーの「索道飛行」機能を利用した長柄スミレの操舵により、前例のない大量のエヴァ44Aを2波で撃退する。 さらに、カモフラージュされた繭の中から、陽電子砲を搭載した4444Cと、それに電力を供給するジェネレーター搭載の44Bの2機が出現する。 ESVを搭載したケーブル吊り下げ式の軍艦が初撃を阻止するが、マリは二度目の発射を阻止するために抜本的な対策を講じなければならない。 長良のアシストにより、エヴァ08は倒れたエッフェル塔を4444Cにチャージし、エヴァ08の足を犠牲にして塔を4444Cの砲身にねじ込み、結果として4444Cと44Bの両方を破壊することに成功する。

マヤたちは柱の起動に成功するが、実はこの柱は前2作で見られた封印の柱を巨大化させたものであった。 コアコンバージョンを押し返す効果半径が生まれ、街の一部が復元される。 地下からはE.U.ネルフの倉庫が大量に出現。エヴァのスペアパーツや軍需品、ジェットアローンのアップグレード版と思われる部品で埋め尽くされる。 さらに2つのチームが軍艦でやってきて、エヴァ02は修理され、エヴァ08は「オーバーラップ」対応に改造されることが告げられる。 マリはシンジのために戻ってくると約束する。

赤い地球のモンタージュにオープニングクレジットが流れ、コアと化した場所が映し出される。 反重力効果で周囲の物体が浮遊する「インフィニティ」の失敗作が散見される。 シンジ、レイ・Q、アスカの3人は、手にしたデバイスをコンパスのように使って、その表面を一緒に歩いている。

やがてコア化から解放されている生活圏に到着。 シンジは緊張状態にあり、体調を崩し始めていた。 集落では、大人になったトウジ、ケンスケ、ヒカリ、そしてヒカリの父・弁財天と出会う。 トウジとヒカリは結婚しており、ツバメという子供がいる。トウジは集落の医者、ケンスケは技術者兼便利屋で、アスカと仲がいいらしい。 トウジもケンスケもシンジにサードインパクトを憎むことなく、トラウマから立ち直る手助けをしようとする。 全裸でシャワーを浴びるシンジに、アスカが現れ、シンジの無策に苛立ちを見せる。 その時、アスカがDSSチョーカーを装着していることに気づき、カヲルの死を思い出して嘔吐するシンジ。 式波は、食事をとろうとしない彼にプロテインバーを強制的に食べさせることにする。 東寺と光は、レイQが自分たちの知っているレイではないことに気づき、彼女を “そっくりさん “と呼ぶ。 妊娠中の猫、赤ん坊のつばめ、「おはよう」「おやすみ」などの挨拶に戸惑いながらも、自分の世界を知り始めるレイQ。 やがて、学校に通い、村のおばあさんたちと一緒に農作業をするようになり、村の暮らしになじんでいく。 村にはクレディという団体があり、ウィルとともに物資の支援を行っている。

礼は真司に「そっくりさんではなく、ちゃんとした名前をつけてほしい」と頼み、真司は彼女を「綾波」と呼ぶことに決める。 健介は、徐々に回復してきた真司をインフラチェックに連れ出し、ミサトの息子でオリジナルの加持リョウジを持つ「加持リョウジ」を紹介する。 彼は、村がコアにならないよう、ウィル製の機械の修理に従事している。 その後、トウジとケンスケはシンジと話し、年長のカイジの死とミサトの現状を説明する。 レイQは、その状態を維持するために常にLCLにさらされる必要があることが明らかになり、目の前でLCLに変化する前に幸せを見つける手助けをしてくれたシンジに感謝する。 ショックを受けるシンジだったが、レイの経験はシンジのトラウマの回復に役立つと示唆される。 健介とトウジはシンジに村に残るよう頼むが、シンジはアスカを連れてヴンダーに乗り込むことを決意。 そこにサクラが現れ、前作でエヴァ13に乗り込んだことに腹を立て、シンジの搭乗を阻止するために銃を乱射する。 前作でエヴァ13号に乗り込んだサクラは激怒し、シンジの搭乗を阻止するために銃を乱射する。 シンジは隔離され、再び監視下に置かれる。アスカとサクラは、DSSチョーカーの運用記録からカヲルの死を知り、彼の帰還に戸惑いを見せる。 ブリッジクルーは、現在進行中の状況について議論する。 マリはアスカに挨拶し、シンジには「彼女ではなく、母親が必要だ」と言う。 リツコとミサトは、ヴンダーの本来の目的である全種族の生命維持に特化したスペースで、その意図について話し合う。 冬月は、ブラックムーンやフォーサーズインパクト、シンジと「綾波型6号」の運命について語り、ゲンドウがシンジにわざと自分と同じ体験をさせたのではと疑問を投げかける。 それを知ったミサトとリツコは、この事象を阻止するための「信号停止プラグ」を完成させた。 ミサトとブリッジクルーは、加持の死とネルフと戦い、世界を元の姿に戻すという決意を回想している。 マリとアスカは新しいプラグスーツを手に入れ、マリはシンジに改めて自己紹介をする。 アスカとシンジは話し合い、シンジは前作での自分の無策に対するアスカの怒りを理解していることを明かす。 アスカはシンジへの想いを伝える。 満足したマリとアスカは、エヴァに乗り込む。 シンジの前に「また会おう」と言うカヲルの幻影が現れ、シンジはそれを受け入れる。 AAA ヴンダーが発進し、ミサトの言う「ヤマト作戦」でエヴァ13の無力化を目的に南極へ向かう。

南極付近で、ヴンダーと同じネルフのエルレシュン型3艦(エルブシュンデ(原罪)、エルレシュン(救済)、ゲベット(祈り))に襲われる。 また、ヴンダーには、エヴァシリーズ7の群れが接近してくる。 戦闘中、ヴンダーは支援艦隊の誘導ミサイル駆逐艦を巨大な誘導ミサイルとして使用することにした。 アスカとマリは出撃し、ネルフエヴァの群れを切り抜ける。 アスカは対コア兵器でエヴァ13を攻撃するが、エヴァ13は予想外のA.T.フィールドを張り巡らせる。 カルバリー基地跡からセカンドインパクトのような形で光の翼が現れ、シーレのシナリオとは違うインパクトが試みられたことがわかる。 アイパッチを外したアスカは、眼球内の「第九の天使」を制御していた拘束具を外し、新たな「第九の天使」となって、エヴァ02を未知の「放射状の巨大化」状態へと変換させる。 しかし、その過程でエヴァ13号機が覚醒し、エヴァ01がエヴァ03を破壊したのと同じように、エヴァ02を破壊してしまい、ゲンドウの計画に乗っかってしまう。 その過程で、アスカは「彼女のオリジナル」に接近され、彼女が式波シリーズのクローンであることを明かし、エヴァ13に吸収される。 ヴンダーは冬月が担当したと思われる新型エヴァMark09に乗っ取られる。

ヴンダーを拘束するネルフ最上部の容器にゲンドウがいることが判明し、ミサトとリツコは彼と対峙する。 リツコはゲンドウを撃つが、弾丸はまったく効かない。 源導は「ネブカドネザルの鍵」を使い、「世界の理を超えた情報」を体に加え、人間性を捨てたことが明かされる。 ゲンドウは衝撃の目的や人類器官化計画について独白し、エヴァ13号機への突入作業を開始する。 シンジはミサトに向かい、ゲンドウを止めるためにエヴァ01に乗り込むよう頼む。 北上みどりとサクラはシンジがエヴァに入ることに驚愕し、発砲するが、ミサトはサクラの弾丸を自らの身体で防ぐ。 ミサトは14年前にエヴァ01を使って全滅の危機を救ってくれたシンジに感謝し、彼の行動の責任は最終的には上司である彼女のものであり、シンジはまだ部下であるから、彼の行動の責任は彼女が取ることになると説明する。 ミサトとシンジは会話を交わし、ミサトはシンジに息子の世話をするように頼む。 マリはエヴァ08を “オーバーラップ “状態にして、エヴァ09、10、11、12と合体させる。 シンジはエヴァ01を召喚する。 中には髪を伸ばしたオリジナルの綾波レイが現れる。 エヴァに乗らなくて済むようにできなかったことを謝る彼女に、シンジはお礼を言い、後は任せろと言う。 リツコとマヤは、シンジがエヴァ01とあり得ないほどの無限シンクロ率を達成していることにショックを受ける。

LCLが知覚に形を与える「マイナス空間」で戦うゲンドウとシンジは、空間や時間、他のエヴァンゲリオン連続体を越えて複数の異なる場所でぶつかり合う超現実の戦いに突入。 ゲンドウはシンジに、葛城博士の理論によって予言されたブラックリリスという「想像上のエヴァンゲリオン」を見せる。 ミサトはAAAヴンダーを槍に変え、巨大なレッドレイに投げつけようとする。 マリはエヴァコンビネーションで新たなネルフエヴァの大群と戦う。 ミサトはゲンドウの “アディショナルインパクト “を自らを犠牲にして食い止める。 シンジはゲンドウに会い、ゲンドウの過去の経験と人生、そしてユイの喪失がいかに彼にトラウマを植え付けたか、そのビジョンを見る。 シンジはゲンドウが終結するのを助け、同様にアスカのために、彼女の気持ちを返す。 この時点で、ますますシュールになっていく。 真司はカヲルに話をし、カヲルが求めていた終結を与える。カヲルと年上の加持が話をし、年上の加持が「渚司令」と呼ぶカヲルは、若い加持の農場にある集落に行くことを了承する。 シンジはやがて、世界を完全にリセットし、エヴァンゲリオンのいない「ネオンジェネシス」の世界を作ることに落ち着く。 シンジは、すべてのエヴァンゲリオンと「破」を人間や動物の姿に戻し、世界を修復してエヴァのない世界にする。

ラストシークエンスでは、駅のホームにアスカ、レイ、カヲルがおり、後ろからマリに声をかけられるシンジの姿がある。 成長したシンジ(声:神木隆之介)とマリは手をつないで世界へと向かい、庵野監督の故郷の実写シークエンスへと移行し、すべてのチルドレンが我々の現実で終結したことを暗示しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。