ROTTWEILER PUPPY EVALUATION SHEET

11月 4, 2021
admin

by Ann Maurer, based on her AKC Gazette Rottweiler column

昔、私はRottweiler子犬の評価に関する記事を3つ書き、ジャン・クーパーからTheDogPlaceで子犬評価を行うように勧められたとき、私は同意しました。

ずっと前に、私は自分用に評価フォームを考案し、それは子犬が生まれるたびに進化してきました。 私の目標は、各パピーを完全に説明するのに十分な形容詞で、1ページに収めることでした。 私はロットワイラーの子犬を生後7〜8週間で評価することを希望しています。 生餌で育った」子犬は、通常行うよりも1週間ほど遅く評価する必要があることがわかりました。

まず、外観から始めます。 バランス(四角い)、長方形(胴が長い、または足が短い)。 生後8週目のロットワイラーの子犬は、見た目が四角く見えるのがいい。 この子犬を測定すると、スタンダードで求められている望ましい9対10のプロポーションに非常に近い(体高より体長が非常にわずかに長い)

Skin: ぴったりしている、ゆるい。 子犬は少し余分な皮膚を持っているが、子犬を持ち上げる前に数インチ以上持ち上げることができれば、それはルーズだ! 皮膚が肩に巻きついている犬を見たことがある。 肩の位置が正しくないのではなく、皮膚が緩んでいることが原因であることもある。

被毛。 正しい、短い、ふわふわ、長い。 正しいロットワイラーの子犬の被毛は、厚く、ごくわずかにふわふわしている。 非常に短いタイトな被毛は、成犬になってからドーベルマン型の被毛になります。 ふわふわの被毛は「オープンコート」になってしまうことが多いです。 耳の上に波状の毛があり、非常に長いふわふわした体毛、脚に「羽毛」がある場合、成犬になっても長毛である可能性が高い

マーク。 小、中、大。 目の上と胸に比較的小さなはっきりとしたマークがあるのが好ましい。 大きなアイ・スポット・マーキングは通常、大きなマーキングを持つ成犬になることが分かっている。

マーキングの色。 ダーク、ミディアム、ライト、マッディー、ホワイトスポット。 マズルの先端に最終的な成犬の色があるかどうかを確認する。 非常に濁ったマーキングのものは、顔や胸のマークがない成犬に成長することがある。 胸に白い部分がある子犬は、毛を分けて根元が真っ白かどうか確認する。 子犬が成犬の毛に生え変わるとき、数本の白い毛は消える。

頭部について

形。 優秀、良好、マズルの幅や深さが足りない、マズルが過度に短い、はっきりしたストップ、傾斜したストップ、充填が良い、充填が足りない。 理想的なロットワイラーの子犬の頭は成犬に非常に近く、スカルとマズルの長さの比率が60%対40%であるべきだと私は考えている。 マズルは広く、フリューはちょうど下顎を覆う程度であるべきである。 理想的なのは、はっきりとしたストップと目の下の充実である。 噛み合わせ:シザーズ、ルーズ/タイトシザーズ、オーバーショット、アンダーショット、ワリー。 私はシザーバイトからルースシザーバイトを見るのが好きです。

Alignment: 犬歯__;前臼歯__;臼歯__。 これらがあるべき位置に並んでいるかどうかを確認します。 下顎の犬歯は上顎のすぐ前に、前臼歯は(もしあれば)ピンキングばさみのようにオフセットしています;下顎第一大臼歯は上顎のすぐ前にあります。 サイドバイトがオフセットではなく、歯と歯が向かい合うように並んでいて、子犬が少しオーバーショット気味であれば、矯正できる可能性があります。 ブリーダーの中には、下の乳犬歯が上顎の肉に食い込んでいる場合、その上部を切り落とすことを勧める人もいる。

Lip Pigment: ダーク、ミディアム、ライト。 口の中の色素。 暗い、中くらい、明るい。 唇の外側と口蓋の外側はできるだけ黒くする。 生後8週目では口の中が真っ黒になることはないが、口の中の屋根にきれいな濃いグレーやチャコールが見られるべきである。

耳:小さい、中くらい、大きい、よく整っている、あまり整っていない。 耳の大きさは、耳を頭の横で前に折り曲げて、先端がどこにあるかを見て確認する。 口角の内側に来る耳は大、頬の真ん中あたりは中、目尻の少し下は小である。 正しくセットされた耳は、大人と同じように耳の上部が頭蓋骨の上部に一致するように保持される。

Ear Leather: ヘビー、ミディアム、ライト。 折り目で革の感触を確かめる。 ヘビーとミディアムの革は、子犬の歯の生え変わり時に折れ曲がる(ローズ・イヤー)傾向が少ない。 この時期の子犬の中には、折れ曲がりやすい子もいるので、よく観察してください。

目:アーモンド、やや丸い、丸い、よく整っている、大きく離れている、飛び出している。 正しい目は、ほぼアーモンド形のまぶたをしている。 色が濃ければ、やや丸い目もあまり好ましくない。 丸い目の中には突出しているものもあり、明るい色と相まって非常に魅力的ではない。

Eye Color: Dark brown; Medium brown; Light brown; Excessively light (yellow). 8週目まで待つもう一つの理由は、目の色を正しく読み取ることができる可能性があることです。 若い子犬は、まだ「赤ちゃん」のようなブルーグレーの色がたくさん残っていることがあります。 自然光のもとで、目の色をよく見てください。 虹彩に金色の斑点がないことを確認します。 これは、明るい茶色の目と相まって、大人の目が非常に明るい可能性を示しています。 虹彩の外周に非常に深いダークブラウンのリングがある場合、それが最終的に合格点に達する色に発展する可能性があることに私は気づきました。

FOREQUARTERS

NECK: ロング;ミディアム;ショート;ドライ;ややのどごし;のどごし。 手の幅を言うのは嫌だが(人の手はそれぞれ違う!)、私は子犬の首に手を回して、頭蓋骨の付け根と肩甲骨の上端との間に手を当てて、首の長さをチェックすることにしている。 手がすっぽりと入るようなら、長さは普通だと思います。 手を握らないと収まらない場合は、ショートサイズです。 指を少し広げられるなら、ロング。 被毛が厚いから首が短く見えるだけで、思ったより首が長い子犬に驚くかもしれない。

肩の長さ。 よく寝ている;適度に寝ている;まっすぐ;よく寝ている;ブレードの間が広い。 ここで、アシスタントが子犬に餌を与えることが最も重要である。 肩の角度を正しく読み取るには、子犬が自然に立っている必要がある。 成犬と同じように、子犬も良いレイバックであることが大切です。 適度な角度は許容範囲ですが、まっすぐなものはまっすぐなままです。 レイアップを感じる。 ブレードとブレードの間に指幅程度の隙間があるはずである。 子犬の首から肩にかけて手をなでます。 ロットワイラーは、ドーベルマンや同様の構造の犬のような滑らかなフィット感はないが、手が肩甲骨に触れたときに突然レンガの壁にぶつかるようなことはないはずだ!

上腕部。 優れた角度、適度な角度、直線的。 成犬と同じように、上腕は良いレイバックを持っていることを見たいものである。 繰り返すが、まっすぐであれば、おそらくまっすぐなままだろう。

脚:重い骨、中くらいの骨、軽い骨、まっすぐ、曲がっている、肘が出ている。 この時期の子犬の骨格は重く見えるはずである。 子犬を持ち上げて、体格の割に重く感じるかどうか確認する。 骨格が重そうに見えても軽く感じる子犬は、骨の密度がほとんどないことを示している。 成長するにつれて、骨は中程度から軽度になる。 正面から見たとき、子犬は脚がまっすぐで、弓なりになっておらず、肘が体にぴったりとついているべきである。 正しい、弱い、曲がっている(フィドルフロント)。 長さ。 ミディアム、ショート、ロング。 パーストンは成人のものに似ていなければならない。 パーストンが足と結合しているところを注意深く見る。 もし折れていると、子犬はパーストンが下がることがある(特に歯が生えているとき)。 成長期にはサプリメントを追加したほうがいいかもしれません。 パースタンの長さは、脚の長さの約¼であるべきだと私は考えています。 長いパスター(およびホック)は、多くの場合、「脚長」犬になることに気づいた。

足:きつい、高いつま先。 つま先は内側へ、つま先は外側へ。 足は理想的には引き締まっていて、つま先はきれいな高さ(よく弧を描いている)であるべきである。 骨量の多い大型の子犬の場合、本当に引き締まった「猫足」にはならないが、つま先が高ければ、おそらく足はよく発達する。 子犬の胸をそっと持ち上げ、テーブルの上に数回寝かせる。 前脚はまっすぐ下がり、つま先は前を向いているはずである。 広い、適度な幅、狭い。 肘の部分を指で優しく圧迫する。 胸囲が広いと、肘の位置がずれることなく固定される。 圧迫によって足が少し反り返るようなら、胸の幅は中程度である。 肘が触れ、つま先が左右の外側を向いていれば、胸は非常に狭い。 発音する;適当である;欠落している。 子犬の横顔を見る。 はっきりとした前胸部が見えるはずである。 かろうじてある場合は、十分と言えるが、平らであったり、凹んでいたりする場合は、間違いなく欠けていると言える。 胸の深さ。 肘まで、肘から下、肘から上。 この年齢では、胸が肘の真下にあるのが好ましい。 肘よりずっと下に胸がある子犬に注目する。 このような犬は、成犬になっても横顔が短足に見えることが多い。 肘よりずっと上にある胸は、成犬になってから正しい体つきの外観を与えるほど発達することはない。 優れている。 正しい子犬のトップラインは完全に平らである。 ウィザーの真後ろを指で触ってみる。 もし、くぼみを感じたら、この犬は良いコンディションを保たないと背中に「穴」が開く傾向がある。 この年齢で柔らかい背中は、壊れないようにするのが大変です。 テーブルの上に乗るのが嫌な子犬を、ゴキブリがいるからと非難しないように気をつけましょう。 床に寝かせて、その様子を見ること。

リブ:よくバネが効いている;少し足りない;スラブサイド;バレル。 ロング、ミディアム、ショート。 8週目の子犬は成犬のようなバネはないが、穏やかな丸みを示すはずである。 もし、胸が肘より上にあり、前胸がなく、幅が狭い場合は、残念ながら「すごい」犬に成長する可能性はほとんどないだろう! この年齢で樽型の胸は非常に珍しい。 この年齢では肋骨の長さを見るのが好きである。 ロイン。 ショート、ミディアム、ロング。 ここでも自分の手を使う必要がある。 私自身は、最後の肋骨と骨盤の前方の点の間に指が3本入るようであれば、ロースの長さはミディアムだと考えています。 指をぎゅっと握らないと入らない場合はショート、指を広げられる場合はロングです。 大人と同じように、ロースもきれいに短くしたいものです。 中くらいの長さのものは、おそらく大丈夫でしょう(特に、後部の角度が良い、あるいは、ほとんど良すぎるくらいであれば)。 長い腰は問題になることがあります。 多くの場合、その犬は「電車のように長い」ように見える。 もし後部の角度が極端であれば、犬はその歩幅に合わせるために、ほとんどそのくらいのロインを必要とするかもしれないが、私にとってはこれは理想的なロットワイラーの外観としては正しくないだろう。 平ら、わずかに傾斜している、垂れ下がっている。 広い、狭い。 ロング、ミディアム、ショート。 生後8週目では、完全に平らなクループを見るのが好きである。 クループがわずかに傾斜している子犬は、成犬になってから、多くの審査員にとって、ほんの少し下がりすぎていることがあります。 この年齢でクループが下がっていると、そのままになってしまう。 クループは肩幅と同じぐらい広くなければならない。 クループが狭いと成犬は「洋ナシ」型になる(前部ばかりで後部がない)。 優秀、中程度(やや不足)、オーバーアンジュレーション、ストレート。 ロットワイラーはジャーマンシェパードのようなアンジュレーションを持つべきではありませんが、この年齢ではステイフルの曲がりがきれいであることが好ましいと思います。 後ろ足が体よりずっと後ろに立っている(オーバーアンジュレーション)ほどではなく、ステフルのカーブがきれいであること。 わずかにカーブがある場合、私はその子犬を適度な角度と呼んでいる。 まっすぐなライフルは、おそらく成犬になってもそのままである。

上腿と下腿。 よく発達している、筋肉がない、長さが同じか○○。 大腿部(上部&下部とも)の周りに指を置くと、いくらか筋肉を感じるのがいい。 後脚を体の下に折り畳み、上腿&下腿が同じ長さであることを確認する。 下腿が上腿よりかなり短いと、成犬では移動の際に推進力に欠ける。 下腿部が過度に長いと、ジャーマン・シェパードのような外観になり、後肢の動きが緩く、「ホッキー」な動きになりやすい。 ホック:まっすぐ、ホック・イン、スリップ、弓なりに曲がる。 長さ。 ミディアム、ショート、ロング。 子犬を後ろから見る。 ホックはまっすぐで強くなければならない。 ホックの上部を指で軽く押して、ホックが前に曲がる(「スリップ」ホック)かどうかを確認する。 ロットワイラーの臀部は、足まできれいに見えることがありますが、これは多くの人が「ダックフット」と呼んでいるもので、足が曲がっていることがわかります。 ホックの長さは、(バックラインまでの)全脚長の1/3より少し短いくらいがミディアムと呼ばれる。

足:タイト、高いつま先;ややルーズ、適度に高いつま先;ルーズ、フラットなつま先。 つま先は内側へ、つま先は外側へ。 フロントと同様、足はタイトでつま先はよくアーチを描いていなければならない。 スタンダードでは後足が前足よりわずかに長いとされているが、それは数年前のことであり、今では後足が前足と異なる形をしているのは非常に珍しいことである。 癇癪を起して落ち着こうとしない子犬や、怖がって足の爪でテーブルにぶら下がろうとしたり、抱っこして安心させても立たせようとすると沈んでしまう子犬は見たくありませんよね。 自分に自信のある子は、あなたのどんなおバカな行動も受け入れてくれます!

動作

生後8週間のロットワイラーの子犬は、良いトップラインを保ち、ある程度のリーチとドライブを見せるはずである。 少し幅を広げてこちらに向かってくるが、肘をしっかりと脇につけ、足音はまっすぐである。 背後は少し広く、ホックはまっすぐで、つま先は前を向いている。 真の「ショーマン」は、その姿勢を誇示する。 頭を上げ、「私を見て」という態度は、飼い主が正しく働きかけ、生きることへの愛を育む限り、いつまでも彼の心に残るでしょう!

以上のことが、皆さんの次の出産に役立つことを願っています。 みんながショードッグになりますように!

この子犬の評価を実写で見てみたいですか? この番組は以下の場所にあります。

http://www.blogtalkradio.com/rottweilers/2011/06/08/evaluating-rottweiler-puppies

そして、このショーに付随するウェブサイトは次の通りです:

http://www.rott-n-chatter.com/am

ロットワイラーの初心者からベテランオーナーまで興味を引くようなショーになることを約束します。

http://www.thedogplace.org/Breeds/Rottweiler/Puppy-evaluation-sheet_Maurer-127.asp

アン・マウラー氏は、50年代前半に両親のアイリッシュセッターをジュニアショーマンシップに参加させはじめました。 彼女は、60年代半ばに、ブリーダーのためにロットワイラーの仔犬を評価することに成功しました。 マウラー氏は、40年以上にわたり、アメリカ全土を回り、仔犬の批評を行ってきました。 1976年から1983年までAmerican Rottweiler Pictorials(絶版、コレクター必携)の編集者を務め、7年間ARK newsletterの共同編集を担当しました。

参考記事を品種編集部に送る

著作権フリーのロッティー写真を提出(添付)する

あなたの子や犬の血統書をロットワイラー・ジーンバンクに預ける

あなたの繁殖プログラムを紹介する

例をご覧ください。

Breed Founder: Shiloh Shepherd Program

ACA Awarded #1 My Akita Breeding Program

Int’l Foundation(国際交流基金)。 ミニブルテリアプログラム

AKC Foundation: Coton Breeding Program

back to Rottweiler Information Index or use Top Tabs

SSI

世界初のオンライン純血種の情報提供ネットワーク、NetPlaces network

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。